タレント・芸人

豊田大輔の経歴は?慶應卒でTOYOTAでレーサー?関連会社の代表取締役!

トヨタの社長豊田章男さんの御曹司である豊田大輔さんが元タカラジェンヌの星蘭ひとみさんと結婚と報じられました。

星蘭ひとみさんは元タカラジェンヌだけあってどのようなドラマに出演されているか検索をすれば出てきますが豊田大輔さんはどのような方かわかりません。

そのため、今回は豊田大輔さんについてまとめてみました。

豊田大輔の経歴 学歴は?

小・中・高校・大学は慶應義塾

小・中・高校は明らかになっていませんが、慶應義塾の一貫校に通っていた可能性が高いです。

なお、大学においては慶應義塾大学にて学士号を習得されていることを公表しています。

その後、米国に渡航し、バブソン大学にて経営学修士を取得されています。

豊田大輔の経歴 TOYOTA時代

ソフトウェア主導型開発担当

トヨタ自動車の電子制御技術部にてソフトウェア主導型開発を推進されていました。

TOYOTAはコネ入社ではなく履歴書を出して入社したそうです。

それもお父様である「お前の上司になりたい奴はいない」という言葉からとのことです。

トヨタの社長豊田章男の息子ではなく、1社会人としてのし上がったようですね。

レーサー

豊田大輔さんは元もとドライバー志望で、2018年のスーパー耐久レースでデビューを果たしました。

それはトヨタ社員として参加したようです。

レーシングドライバーとして、耐久レースやモータースポーツイベントに参加していました。

クルマの走行で得たスキルや知見を活用し、「Fun to drive」の理解を深めながら「いいクルマ」の定義を考え、人の心を動かす自動運転技術やモビリティの開発を目指したとのことです。

なお、デビュー時のレース会場には豊田章男も応援に駆けつけて、息子の豊田大輔を激励されました。

豊田大輔インスタグラムにも親子のツーショットがアップされていました。

豊田大輔の経歴 代表取締役

豊田大輔

Woven Planet Holdings(ウーブン・プラネット・ホールディングス)のSenior Vice Presidentであり、Woven Alpha(ウーブン・アルファ)の代表取締役を勤めています。

表面上はトヨタとどう関係があるかわかりづらいですが、トヨタグループの内の連携を強化し開発の加速化を行っていることから少なからずトヨタグループとは密接のようです。

2018年3月に設立されたトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント株式会社(Toyota Research Institute – Advanced Development, Inc.、略称:TRI-AD)を前身として、2021年1月に設立された。
研究や先行開発領域においてトヨタグループ内の連携を強化し、開発の加速化を行っている。

企業理念は

Woven Cityや、Areneや自動地図生成プラットフォームのようなオープンな
ソフトウェアプラットフォームなど、
新領域に対する事業拡大の機会を探索し、
革新的なプロジェクトを立ち上げ、推進します。

とのことです。
[ad03]